聖書 使徒の働き3章1節〜10節
タイトル 「驚くべきわざ」

 ペンテコステの日以来、「ペテロとヨハネ」は力を合わせて行動します。二人の性格からは驚くべきことです。このことを初め、いくつかの驚くべきことがここには記されています。
まず、何が起こったかを見ておきましょう。
 神殿の異邦人の庭から婦人の庭に入る門が、美しの門と言われている門でした。ヘロデ大王が、大きな華美な門を作ったようです。しかし、そこは、ユダヤ人が礼拝に行く大事な門です。神殿で献げものをして神に認めてもらいたいユダヤ人は、ここで、施しの善行を積むこともできるのです。この生まれつき足の不自由な人も、ここで施しを求めました。そこに、ペテロとヨハネが通ったのです。
 施しを求める男の人に言ったペテロの言葉が残されています。「私たちを見なさい」と言われれば、当然期待します。その後、ペテロはこう言いました。「金銀は私にはない。しかし、私にあるものをあげよう。ナザレのイエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい。」
 この人がイエス様のことを聞いたことはあったでしょうし、その様々な奇跡の話を聞いて、すごい人だという知識は持っていたでしょう。しかし、ペテロの言葉で、その知識が生きた信仰に変わったのです。「ナザレ出身のイエスは救い主なのだから、この方を信じ、この方に頼って立ち上がりなさい」と言われたのですから。「主よ、助けてください」と心の叫びをもって立ち上がるこの人に、ペテロは手を貸しました。
 その結果、彼は「躍り上がって立ち、歩いたり飛び跳ねたり」したのです。さらに、賛美しながらペテロとヨハネとともに神殿に入って祈りの時間を過ごすのです。これを見た人たちは、「ものも言えないほど驚いた」のでした。
 この出来事の中に、人々だけでなく、私たちも驚くべきことがあります。一つは、ペテロの言葉で信仰が生まれたことです。第二に、生まれつきの障碍がいっぺんに治ったことです。第三に、癒やされた人の心に、主を賛美する感謝が生きていることです。
 スポルジョンは、この世で一番不思議なのはイエス様だと言っています。彼は、すべてのものを造られた創造主が、人間になった不思議、支配者である創造主が人に仕える不思議、正しい方が非難され、罪に定められ、罪のために犠牲になる不思議、十字架刑にされたのに、復活した不思議、ご自分の死によって死を滅ぼす不思議などを上げています。まさにこのイエス様だからこそ、この生まれながらの障害を持つ人を癒やすことができたのです。
 このイエス様は、現代にもさまざまな不思議を行っておられます。私たちは驚くべきみわざに囲まれているのです。主に信頼し、大胆に頼りにして生きていきましょう。主よ、私たちの目を開いて、あなたの驚くべきみわざを見させてください。そして、この人のように、賛美しながら生きる者としてください。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です