聖書 ルカの福音書19章1節〜10節
タイトル 「イエスとザアカイ」

 高い山の上で姿が白く光り輝いたイエス様は、エルサレムでの使命を果たすために旅を続けました。エリコの町に入ったとき、群衆はイエスを見ようと、家々から出て道は黒山の人だかりとなりました。そんな中に、ザアカイもいました。
 ザアカイは、取税人のかしらと言われています。ローマ人のために税を徴収する人ですが、その集めたものはローマに吸い上げられます。ただ、請け負った取税人たちは、ローマに納める以上の額を徴収しました。その差額は、取税人のふところに入るのです。ですから、ユダヤ人からは、罪人扱いされていました。
 ザアカイはそのような仕事をして、金持ちになりました。そして、孤独な生活をしていました。人々からつまはじきにされていたのです。そんななかで、ナザレのイエスの噂を聞きます。多くの弟子の中には取税人のマタイもいることが、彼の耳に入ります。そのイエスを見てみたいとの思いがわき上がります。
 エリコの町は大騒ぎでした。その中に、ザアカイもイエスを見るために出て行きました。群衆の阻止にあって見られない、身長の低さ。ザアカイはいちじく桑の木に登ります。イエスの一行が見えて来ます。
 ザアカイの下で、イエスは足を止め、見上げて言います。「ザアカイ、急いで降りて来なさい。わたしは今日、あなたの家に泊まることにしているから」と。一瞬、ザアカイは戸惑いました。しかし、次の瞬間、彼は大喜びで木から下り、イエスを家に迎えます。
 ザアカイの家でどんな会話がなされたか、聖書は沈黙しています。しかし、ザアカイの決意が記されています。「主よ、ご覧ください。私は財産の半分を貧しい人たちに施します。だれかから脅し取った物があれば、四倍にして返します。」イエスを救い主と信じ、その暖かい心に触れて、ザアカイの心は変えられていたのです。物質的富を失うことよりも、新しく得た霊的富の恵みのほうが大きかったのです。脅し取った物(恐喝して奪った物)を四倍にして返すとは、自分がどんなにひどい悪を行っていたかが分かった結果です。
 イエスは、すぐにザアカイの言葉を受け入れ、「今日、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから」と励ましました。イエスは、「この人に」と言わず、「この家に」と言いました。ザアカイが変わったので、家全体が明るくなったのです。それは、彼が先祖アブラハムのように、信仰に生きたからです。
 「人の子は失われた者を捜して救うために来たのです。」このイエスの言葉から、ザアカイは神のもとから迷子になっていたことが分かります。劣等感に悩む人も、役立たずと感じる人も、イエスは「今日、あなたの家に泊まる」と来てくださる方なのです。喜んでイエスを心に迎えましょう。そして、イエスとともに毎日を暮らしましょう。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です